つむじ 薄い

つむじがはげている場合は外出時に紫外線対策をしないとハゲが加速してしまう可能性があります。その原因と対策を紹介します。

つむじ 薄い > つむじはげの対策 | 外出時は紫外線に気をつけよう

つむじがはげている場合は外出時に紫外線対策をしないとハゲが加速してしまう可能性があります。その原因と対策を紹介します。

紫外線は髪にも悪影響

女性は当たり前に紫外線対策をされていると思いますが、つむじはげの場合もこの紫外線には気をつけなくてはいけません。

というのも紫外線を頭皮に浴びてしまうとそれがはげを加速させてしまう可能性があるからです。

紫外線の軽いダメージだと頭皮の炎症です。

日焼けすると赤くなりますよね。頭皮は普段そこまで日を浴びないので紫外線に敏感なんです。

また繰り返し浴びていると今度は頭皮がそれに対抗しようと徐々に皮膚が固くなっていってしまいます。

そうすると、毛が生えにくい頭皮になってしまうので実は坊主というのは結構危険な髪型なんです。


また紫外線が頭皮の奥底の毛を作る細胞(毛母細胞)までいってしまうとより深刻です。

髪をつくる成長サイクルが乱れてしまい、数年をかけて長く太く成長する髪がすぐに抜けてしまう可能性があるんです。


頭皮だけではなく、髪自体にも悪いダメージを与えます。

紫外線が髪の一番外側のキューティクルを傷つけてしまうんです。

キューティクルは何層にもなっているのですべてがはがれてしまうということはないんですが、これが剥がれるとハリやツヤもなくなり髪自体が細くなってしまいます。

そうすると今度は頭皮にも紫外線が当たりやすくなり、紫外線の悪循環が始まってしまうんです。

どんな対策がいいの?

紫外線対策と聞くと日焼け止めを想像すると思います。

「でも頭皮に日焼け止め塗れなくない?」

と思うかもしれません。

しかし大丈夫なんです、確かに塗るタイプは髪がある頭皮には塗りにくいですが、最近ではスプレータイプの日焼け止めも売っています。

こういったものを使えば、髪も頭皮も紫外線から守ることができるんです。


またもっと新しいものだと飲むタイプの日焼け止めというのもあります。

これはサプリメントと同じように口から飲むので効果は全身に及びます。

しかし1つ注意事項があって髪にはその成分が届かないということなんです。


そうなるとやはりスプレータイプの日焼け止めが一番使いやすいんじゃないかなと思います。


帽子もあり

仕事柄、平日は帽子をかぶれない方も多いと思いますが、かぶっても問題ない仕事であれば通勤時などは帽子をかぶりましょう。

蒸れを心配されるかも知れませんが紫外線に比べると全然問題ないです。

特にオススメなのは黒のコットン素材の帽子です。

黒なのは普段帽子をかぶり慣れていないかたにも馴染みやすく、コットンというのは丸洗いができるからです。

汗で濡れた帽子を洗わずに被るとまた雑菌などで頭皮があれてしまう可能性がありますからね。